世界進出を夢見て エンジニアとしての実力を試す!?海外勤務で気をつけるべきこと

世界に進出するデメリット

国内での仕事に限界を感じるなら、外の世界に目を向けて見るのもいい。職業によっては、日本だけでなく世界で活躍するチャンスがある。システムエンジニアの仕事もまた、そのような国外に活路を見い出せる性質を持っている。ただし、海外で期待していた働き方ができるとは限らない。デメリットとして、日本でのキャリアが認められるかどうかが不透明である。外の世界では、現地ならではのビジネス界のルールがある。そのため、日本では通用していたキャリアであっても、通用しない可能性が出てくる。こうなると、国外で積み重ねてきたキャリが役に立たない。これならば、国内で仕事を続けていた方が良かったという事態もありうる。そのため、進出先となる海外で、これまでのキャリアが通用するかどうか、確認を必要とする。

また、技術レベルの水準についても、検討を要する。高度な技術を求められる職場に転職してしまうと、実力不足に苦しむデメリットがある。かといって簡単すぎる仕事では、やりがいが感じられない。国外でどのような職場がふさわしいかについて、実力を発揮し成長するのにちょうどいい職場探しの検討が必要である。こうしたデメリットの存在を把握し、慎重に進出先を選べば、失敗する可能性は低い。憧れだけでシステムエンジニアが海外進出を考えるだけでなく、計画性を持って取り組んだ方がいい結果が出てくる。過去の失敗例なども知り対策を立てると、デメリットの部分は十分にカバーできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です