世界進出を夢見て エンジニアとしての実力を試す!?海外勤務で気をつけるべきこと

システムエンジニアに慣れが必要な海外生活

技術開発の分野では、海外との結びつきが強くなっている。オフショア開発など、国外の開発会社との連携が増えてきた。そのため、日本のシステム開発企業で働いている技術者も、国外に赴任して仕事をする機会がよくある。システムエンジニアが、場合によっては突然国外への赴任を言い渡される可能性もあるため、準備が必要となる。国外での仕事に備えて、英語などの勉強が欠かせない。

また、日本以外の国での開発事情や赴任先となる国の生活習慣や文化についても、調査しておいたほうがいい。システムエンジニアが中長期に渡り海外で赴任するとなると、生活の拠点を国外へと移すことになる。すると、慣れない環境の中で暮らしながら、与えられた仕事をこなさなければならない。不慣れな環境に適応することができないエンジニアも中にはいる。そのため、できるだけ事前にできる備えを講じておき、国外での暮らしに慣れていた方が順応しやすい。

例えば方法として、海外旅行を通じて、国外での滞在に慣れるのも有効な準備手段である。国外での旅行経験がない人は、特にこの手段が効果がある。日本以外の通貨の金銭感覚や商取引のセンスは、旅行でも十分に磨ける。こうした準備が事前に出来ているかどうかで、国外での暮らしにうまく馴染めるかどうかが変わってくる。オフショア開発の事例が増えつつある開発分野の現状では、システムエンジニアも国外を仕事の舞台とする機会が、これから十分にありうる。
そんな海外生活も視野に入れた活動を考えているシステムエンジニアに最適なサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です