世界進出を夢見て エンジニアとしての実力を試す!?海外勤務で気をつけるべきこと

体調管理で苦労する外国勤務エンジニア

システムエンジニアの仕事は、頭を使った仕事である。それでも体が資本であるのは違いない。たとえ頭脳労働であっても、体調が悪ければ仕事に集中ができない。システムエンジニアにとって、仕事で実力を発揮するためにも体調管理は重要な課題である。日本では問題なく仕事をこなせても、海外でも同様であるとは限らない。自信をもって世界へと転職したものの、いざ業務を始めてみると体調管理の面で苦労する人たちが多い。

海外への進出で見逃しがちであるのは、外国との気候の違いである。日本の気候に慣れていると、海外との環境の違いには戸惑う。暑い地域や寒い地域では、日本でいた頃のように上手く体調管理ができない。人間の体は、違う環境に慣れるまでにいくらかの時間がかかる。それでも仕事で無理をしてしまい、寝込んでしまうケースが見られる。できれば、現地での仕事に慣れるまで、無理しすぎない心掛けが大切である。

また食事に関しても、体調を崩す要因となる。外国で生活拠点を置くと、食習慣が大きく変わる。現地の料理が口に合わないと、食事が楽しくなくストレスがたまり、また体が拒否反応を示すこともある。外国の食事に順応するためには、慣れと共に工夫が必要である。ある程度の日本食を持参したり、現地で日本食を調達するなどの対策がある。また水の飲用についても外国では苦労があり、体調管理の上で気をつけなければならない。生水には気をつけて、体調を崩さない配慮が求められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です